忍者ブログ

オトコ40歳、これからどうする?

どうすれば、人生オモシロオカシク暮らせるか?

弦の動きのシミュレーション

2011/05/21(Sat)23:15

両端を固定した紐の端から0.08mの点に最初だけ力を加えて、その後の振動を計算してみました。
設定としては、紐の長さ=0.648 m、紐の重さ=0.002 kg ということにして、
適当な張力を設定して、適当な力を最初だけ加える。紐の反動が強くなった時点で外力をゼロにする。
(一応、440 Hz前後になるように紐の張力を調整・・・したら、1000Nになっちゃった。大きすぎ?)
(追記:たぶん、この謎が解けました。50Nにして計算しなおした結果がこちら:スペクトルも描いてみた

下図は、最初の0.02秒間の紐の端から0.03m(リア、青線)と0.15m(フロント、赤線)の部分の紐の位置の変化(振動)の様子です。
(最初の台形状の部分が外力の加わっている時間です。0.002秒ぐらいかな)
wave001.png

ちょっとググって出てきたギター(ZO-3)の波形の画像(ぞうさんの波形)と、そっくり。

んで、徐々に波形が崩れてくる(なんでだろ?)・・・つづく

拍手[1回]

PR
[0回]

 

大学教育  環境問題  科学・教育  音楽  楽器  ギター  40代男性  40代転職  起業独立  無職  ハンドメイド  木工  日記  ブログ

No.32|ギターの物理Comment(0)



Comment

コメントフォーム

タイトル:

メッセージ本文:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


 お名前:  メールアドレス:

 ホームページ:  パスワード: