忍者ブログ

オトコ40歳、これからどうする?

どうすれば、人生オモシロオカシク暮らせるか?
修行を積むために<スペクトルも描いてみた>弦の動きのシミュレーション(つづきのつづき)
[40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30]

[PR]

2017/08/23(Wed)15:15

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[回]

 

大学教育  環境問題  科学・教育  音楽  楽器  ギター  40代男性  40代転職  起業独立  無職  ハンドメイド  木工  日記  ブログ

No.|Comment

スペクトルも描いてみた

2011/05/23(Mon)13:20

弦の動きのシミュレーション(つづき)(つづきのつづき)の波形、ついでにスペクトルも描いてみた。
左から、0.001~0.02秒までの間、0.09~0.11秒までの間、一番右が、0.29~0.31秒目の間。
spectrum002.png spectrum010.png spectrum030.png
なんか・・・・これって440Hzの音じゃなくね?

最初の0.02秒までの波形みて、ピークの間隔が440Hz相当ぐらいになるように
無理やり張力を調整してみたんだけど、結局、スペクトルピークは1300Hzぐらい?
ギターの音って、倍音(3倍音?)が主成分なのかな?(正解は、たぶん、4倍音みたい→実際のギターの音もスペクトル解析してみた

3倍音を440Hz(つまり、基音は150Hzぐらい)にするなら、あんなに大きくしなくてもよさそう。
(ついでにいうと、弦の質量を大きく設定しすぎてることにも気がついた。)

とういうわけで、もうちょっと現実的な値をいれて、計算しなおしてみる。
張力は、50N(だいたい5kgfぐらい)、弦の質量は0.5gということで計算したスペクトルが下図

spectrum002r.png spectrum010r.png spectrum030r.png
左から、0.001~0.02秒までの間、0.09~0.11秒までの間、一番右が、0.29~0.31秒目の間
(横軸のスケールは上図から変更して、0~2000Hzにしてみた。上図は0~5000Hzです)
なんかいい感じでないですか?・・・・案外、このシミュレーション、使えるのかも。

というわけで、ソースコードを公開してみる。
弦の振動シミュレーション、ついでに、スペクトル解析

#→実際のギターの音もスペクトル解析してみたちょっと修正:5弦開放Aのスペクトル

拍手[1回]

PR
[0回]

 

大学教育  環境問題  科学・教育  音楽  楽器  ギター  40代男性  40代転職  起業独立  無職  ハンドメイド  木工  日記  ブログ

No.35|ギターの物理Comment(0)



Comment

コメントフォーム

タイトル:

メッセージ本文:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


 お名前:  メールアドレス:

 ホームページ:  パスワード: