忍者ブログ

オトコ40歳、これからどうする?

どうすれば、人生オモシロオカシク暮らせるか?
ボディ製作:その3(外周仕上げ1)<ボディ製作:その2(厚みだし)>ボディ製作:その1(外周切り出し)
[129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [119]

ボディ製作:その2(厚みだし)

2013/01/19(Sat)20:58

さて、厚みだしです。
ボディ材の厚みが48ミリ弱なので、5ミリほど削ります。

もちろん、自動鉋

・・・なんてものは持ってません。

一応、電動鉋は持ってるのですが、いきなり鉋かけってのは、
削りすぎが怖いので、手持ちのツールを鑑みて、
とりあえず、トリマーで、5ミリの深さの溝を掘ってみます。

ロッド溝を掘った時に使ったアクリルの板を、端材を使って固定して、
ボディをちょっとづつずらしながら・・・
body_13.jpg body_14.jpg
クランプで留める都合があるので、
半分まで来たら、クルッと反対向きに
body_15.jpg body_16.jpg 

で、90度まわして、直行方向にも、ちょっとまばらに。
body_17.jpg body_18.jpg

いよいよ電動鉋の登場です。0.5ミリぐらいづつ徐々に削りすすみます。
body_19.jpg body_20.jpg

だいたい溝がなくなってきたら、手動の平ガンナで。
さらに、スケールで平面を見つつ、#150のペーパーで最終仕上げです。
body_21.jpg body_22.jpg

とりあえず、こんな感じ。(見た目は、最初とあんまり変わらないけど)
body_23.jpg

次は、裏面にも外周を罫書いて、外周をもう少し攻めてみましょう。(つづく

拍手[0回]

PR
[2回]

 

大学教育  環境問題  科学・教育  音楽  楽器  ギター  40代男性  40代転職  起業独立  無職  ハンドメイド  木工  日記  ブログ

No.124|ギター製作Comment(2)



Comment

こんにちは

2013/01/19(Sat)22:17

若い頃、バンドブームでEギターを少し囓りましたが、ギターを自作すると言う発想は無かったですね。
自動カンナは、あるととても便利ですが高いですからね...
リョービのならヤフオクに結構出回ってるので、こまめにチェックしていれば掘り出し物も有ったりしますが、使用者の評判ではやはりマキタの2012NBが良いと思います。
街の製材所や建具屋さんでも持ち込めば、有料で削ってくれますよ。

No.1|by ぷ~太郎|URLMailEdit

厚み出しはまだしも

2013/01/21(Mon)21:04

ぷ~太郎さま、コメントありがとうございます。
木工関係で、ぷ~太郎さまのブログをよく参考にさせて頂いてます。

自動鉋以外にも、バンドソー、ベルトサンダー、糸鋸盤などなど、
いろいろと欲しい機械はあるんですが、全部揃えるとなると、
かなりな投資になるので、必要最低限はなんだろうと考えて、
結局買ったのは、ボール盤とトリマーぐらいです。(電動鉋は貰い物です)
#コンプレッサー+スプレーキットなんてのも買っちゃいましたが

趣味の範囲でやるのなら、手間暇かけて、ちまちまと手動でやるのも
悪くないかなぁ、なんて思ってもいます。

ちなみに、リョービAP-10Nの方は、スペックをよく読むと、
「最大切削幅:254mm」らしいので、ちょっと不足な感じでしたね。

No.2|by (ひ)|URLMailEdit

コメントフォーム

タイトル:

メッセージ本文:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


 お名前:  メールアドレス:

 ホームページ:  パスワード: