忍者ブログ

オトコ40歳、これからどうする?

どうすれば、人生オモシロオカシク暮らせるか?

SLP-180改造

2013/02/26(Tue)21:18

いろいろと問題もあり、評判は最悪ですが、私にとっては運命のギターなんです。


実は、今、こんな感じになってます。(ビフォーの写真がない)
slp-180_01.jpg

微妙に気がつく方は気がつくかもしれません。
改造部分を拡大すると、こんな感じです。
slp-180_02.jpg slp-180_04.jpg

はい。ピックアップを載せ替えてみました。
始めについてたやつは、こんなやつです。
slp-180_03.jpg

このシングルコイルPU、めちゃめちゃ軽いです。驚くほどに。
直流抵抗値としては、4kΩぐらい。
たぶん、巻き数も少ないし、いかにも磁石もちゃっちい感じ。

以前の記事(3つのギターの音の減衰)でも分かるとおり、
このギター、出力が非常に小さいのが不満でした。
購入時の設定だと、PUの高さもやたら低めになってたので、
そのせいもあるだろうけど、たぶん、PU自身の問題も大きい。
とにかく、折角スピーカーがついてるのに、ほとんど聞こえない。

低インピーダンスのスピーカーに載せ替えてる人もいるみたいだけど、
私の場合は、余ったハムバッキングPUがあったので、つい勢いで・・・
#ていうか、ザグリ冶具作ったとこだったのもあって、つい勢いで・・・

作業的には、邪魔になりそうなパーツを適当に外してから、
PUザグリを掘り直して、で、取り付けて、外したパーツを元に戻す。と。
#参照:ボディ製作:その8(ピックアップザグリ)
で、どうなったかというと・・・

スピーカーから出る音が聞こえるようになりました!!(実は、当たり前のこと)

しかし、ボリュームを8以上にすると、音が割れまくる。
まあ、歪んでる・・・とは、やっぱり言い難い。割れまくりの音になります。
でも、ボリューム6ぐらいで、いい感じに使える奴になりました。

しかし・・・・
slp-180_05.jpg
このブリッジの取り付けは、あんまりだよね。何度見ても酷い。

ロッドの調整もやったし、ナットの調整もやったし、ブリッジ部での弦高調整もやって・・・
で、オクターブ調整すると、こうなります。
これでも、6弦のオクターブがややシャープします。どうすりゃいいんや?

拍手[1回]

PR
[0回]

 

大学教育  環境問題  科学・教育  音楽  楽器  ギター  40代男性  40代転職  起業独立  無職  ハンドメイド  木工  日記  ブログ

No.149|エレキギターComment(0)



Comment

コメントフォーム

タイトル:

メッセージ本文:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


 お名前:  メールアドレス:

 ホームページ:  パスワード: