忍者ブログ

オトコ40歳、これからどうする?

どうすれば、人生オモシロオカシク暮らせるか?
前のページ<>次のページ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[PR]

2017/07/27(Thu)21:40

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[回]

 

大学教育  環境問題  科学・教育  音楽  楽器  ギター  40代男性  40代転職  起業独立  無職  ハンドメイド  木工  日記  ブログ

No.|Comment

確定申告

2013/02/20(Wed)22:31

初めて、確定申告というものをしてみた。
昨年3月までの給料と、ちょっとしたアルバイト収入などで、源泉徴収表3枚と、
保険などの控除関連の書類を見ながら、国税庁のホームページの確定申告書等
作成コーナー
で手順通り入力して、プリントアウトしたものを税務署に提出するだけ

納付証明書がある分は金額が記入されてるから、結構、簡単なんだけど、
国民健康保険料をどう入力していいかわからんかった。(証明書は不要らしい)
要は「前年の1月1日から12月31日までに納付した金額」ってことなんだが、
国保の分がなくても、源泉徴収された分は全額戻ってくるはずなんで、
まあいいか。という感じで、適当に提出。ちょっとドキドキ


(翌々々日追記)
やっぱし、国保の分の計算が違ってた(ちょっと抜けてた)のと、
任意継続の1ヶ月分を足し忘れてたのに気がついたので、
還付金額には影響しないけど、訂正して、翌日、再提出してしまった。

たぶん、放っておいても、問題はなかったと思うけど、
期間内なら、訂正はあっさり受け付けてくれるみたいだし、作業自体は簡単だし、
いまんとこ、私自身に自由時間が山ほどあるので・・・てなわけで

拍手[1回]

PR
[0回]

 

大学教育  環境問題  科学・教育  音楽  楽器  ギター  40代男性  40代転職  起業独立  無職  ハンドメイド  木工  日記  ブログ

No.145|メモComment(0)

ボディ製作:その16(生地調整1)+ネックジョイント

2013/02/19(Tue)21:45

さて、生地調整です。とりあえず、裏面とサイド
body_121.jpg body_122.jpg

#150の傷を#320で消すというのが、主な作業です。
あんまりいい写真がないんですが、例えば、ビフォー→アフター
body_123.jpg → body_124.jpg

裏面はこんな感じ(ビフォーの画像がないけど)
body_125.jpg body_126.jpg body_127.jpg
まあ、まあ、キレイでしょ?全体に白っぽさがなくなった感じになります。
#写真でみると#150っぽい傷も残ってるようにみえますね。
#まあ、あとで#600の磨きもやりますから・・・

この時点で表はというと・・・
body_128.jpg body_129.jpg body_130.jpg
結構傷だらけです(画像はクリックすると拡大されます)

body_131.jpg → body_132.jpg
あっという間(嘘です)に、生地調整(仮)の終了です。
(最終的には#600までやる予定です。まあ、塗装の直前に)

というわけで、このあたりでネックを接着しちゃいます。
joint_10.jpg

接着面(ネック側も)を雑巾でキレイに拭いてから、ボンドを塗ります。
joint_12.jpg joint_13.jpg joint_14.jpg
(ちょっとボンド塗りすぎ)

そして、接着。クランプ2本を思いっきり締めておきます。
joint_15.jpg joint_16.jpg joint_17.jpg
アール付のサンディングブロックも活用してます。

これで1日以上放置・・・なんですが、

せっかくなので、ついでに・・・
body_133.jpg body_134.jpg body_135.jpg

というわけで、次は、たぶん、ヒール加工です。

拍手[0回]

[0回]

 

大学教育  環境問題  科学・教育  音楽  楽器  ギター  40代男性  40代転職  起業独立  無職  ハンドメイド  木工  日記  ブログ

No.144|ギター製作Comment(0)

ボディ製作:その15(外周アール2+ジャック穴)

2013/02/18(Mon)22:18

前回のつづき、外周アールの表側です。

例によって、アールの半分のところで面とりします。
body_114.jpg body_115.jpg body_116.jpg

図で描くと、こんな感じ
R.PNG
黒い部分が最終的な目標となる形で、まずは、斜線部を切り取ってるわけですね。
その上で、角を落として丸める感じに、白い部分を削っていきます。

丸めるのは、鉋とか鉄ヤスリとか紙ヤスリとか、いろいろと駆使します。
body_117.jpg body_118.jpg

一応、これでアール付けが完成です。
body_119.jpg body_120.jpg

裏表全周にアールがついたので、ジャック穴をあけてみます。まずは罫書き
jack_01.jpg jack_02.jpg

で、ハンドドリルで穴あけ。Φ4ミリとΦ20ミリのビットを使用。
20ミリのビットの先端ネジが悪さしやすいので、4ミリで下穴あけてみました。
jack_03.jpg jack_04.jpg jack_05.jpg
実は、ハンドドリルで20ミリをあけるのは結構無理やりでした。
本当は、ボール盤であけたいところなんだけど、
うちのボール盤だと、ボディを立てるだけの懐がないので、しかたなく・・・

とにかく、穴があいて、ジャックがはまりました。
jack_06.jpg jack_07.jpg jack_08.jpg
ちなみに本当は、ジャックの寸法的には22ミリぐらいの穴が欲しいところ
なんだけど、20ミリのビットしか持ってないので、小刀でちょっと拡大したです。

ついでなので、ポットとスイッチをはめてみました。
control_15.jpg control_16.jpg
いい感じでナットでとまってくれました。ザグリ深さが絶妙!

次は#320まで生地調整してから、いよいよネック接着です。

拍手[1回]

[0回]

 

大学教育  環境問題  科学・教育  音楽  楽器  ギター  40代男性  40代転職  起業独立  無職  ハンドメイド  木工  日記  ブログ

No.143|ギター製作Comment(0)

ボディ製作:その14(外周アール1)

2013/02/16(Sat)17:57

外周アールのこと、すっかり忘れてたのですが、
まあ、アールは生地調整が終わってから付けるのが定石なので、
たぶん、このタイミングでやるのは悪くないのでしょう。

と、いうわけで、計算上の最大アールは5ミリなので、
余裕を見て4.5ミリにしてみましょう。まずは、アールの治具を作り。

適当なプラ板を用意。千枚通しで十文字に罫書いて、
センターに9ミリのビットで穴あけ
template_01.jpg template_02.jpg

で、罫書きより外側で切って、
template_03.jpg template_04.jpg
「4.5R」と記入すれば、4.5ミリのアール治具の出来上がりです。
(一応、切断面はペーパーで磨きましたが)

さて、じゃあ、ボディへの罫書き
body_95.jpg
外周から、4.5ミリと2.25ミリの線を引きます。

こんな感じ。基本的にはフリーハンドです。
body_96.jpg body_97.jpg body_98.jpg
2.25ミリの線は、目分量で外周と4.5ミリ線の中間を。

もちろん、ボディ側面にも同様に。
body_99.jpg

で、南京ガンナとか、クビレ部分は小刀を使って、
2.25ミリの線のところを平らにカットしていきます。
body_101.jpg body_100.jpg body_102.jpg
アール付けでは、どうも、この工程が最も重要なところだと思います。
ここで全外周に均等な幅で斜めの面とりができていると、
最終的なアールが均等になりやすいようです。
(まあ、結局、最終調整で均等に整えるので、それがちょっと楽になるという程度ですが)

均等なナナメ面ができたら、次は、角を落とすようにまるめていきます。
body_104.jpg body_105.jpg 

さっきの面取りがうまくいっていれば、あんまり意識せずとも、4.5Rになります。
body_103.jpg body_106.jpg
が、結構傷だらけです。

#150とか#180のペーパーで刀傷とヤスリ傷を消しつつ、アールの微調整
body_107.jpg

で、裏面が完成です。
body_108.jpg body_109.jpg body_110.jpg
#150なので、まあ、こんなもんです。

次は、表もおんなじように、まずは、罫書き・・・
body_111.jpgbody_112.jpg body_113.jpg

おっと、もうこんな時間だ! つづきは、また今度(^_^)/~~

拍手[0回]

[0回]

 

大学教育  環境問題  科学・教育  音楽  楽器  ギター  40代男性  40代転職  起業独立  無職  ハンドメイド  木工  日記  ブログ

No.142|ギター製作Comment(0)

なにができるか?その4:ギター工房?

2013/02/14(Thu)23:55

ひさしぶりに、なにができるか?ですが、
ギター工房設立なんてのも、結構、マジに考えた

技術的には、もちろん2流以下ではあるだろうけど、
なんとかなりそうな気になっている。(一応、マジで勉強しましたんで)

問題は、ギター屋で食っていけるかどうか?ということで、
どのくらいのものをいくらで作って、どう売ればいいのか?を考えた。

さて、ギターの原価って、どのくらいでしょう?
個人工房で作るとなると、大量購入で材料費を抑えるのは結構厳しい。
だから、材料は、普通に誰でも買えるところで買うしかないのだろうと思う。
例えば、アイチ木工とか、ギターワークスとか、渡辺商店とか、大和マークとか、
サウンドハウスとか、あるいは、海外通販だと、Warmothとか、StewMacとか、
まあ、ググればいくらでも出てきますね。
あとは、aliexpressのギターパーツなんてのも、ちょっと怖いけど、
まあ、10ドルぐらいまでのものなら、まあ・・・半分だめもとで・・・ネ。
(リスクが高いと思うので、高額のモノは止めといた方が無難)

というわけで、材料費というのは、こんな感じです。
項目 品名 価格 品名 価格
ボディ材 アルダー(B) 2,700 アフリカンマホガニー(2A)
カーリーメイプル18mm(5A)
5,300
45,000
ネック材 メイプル板目25mm(A) 1,600 メイプル板目25mm(4A) 4,200
指板材 インドローズ(A) 600 インドローズ(3A) 2,100
ブリッジ ハードテイル(中国) 300 GIBSON ABR-1 T.O.M
GIBSON S.T.P.
8,400
7,875
ピックアップ ハム(中国) 800 GIBSON BUCKER-1 15,800
  ハム(中国) 800 GIBSON BUCKER-1 15,800
トラスロッド ギター用453mm 840 ギター用453mm 840
フレット ミディアムハイ国産 2,625 JIMDUNLOP#6100 4,200
ナット 40mm牛骨 420 ビンテージボーンナット 840
ペグ シャーラータイプ(中国) 900 GOTOH SD510 マグナムロック 10,800
タダリオ009-042 500 ELIXIR009-042 980
塗料   3,000   3,000
その他 SW、ポット、ポジマ、他 3,915 SW、ポット、ポジマ、他 29,865
合計   19,000   155,000
左の欄が安い材料を厳選?した場合で、
右が、まあまあ高めの材料を適当に選んだ場合。
(高いほうは、天井知らずに高価なパーツがあるけど、たぶん20万までには収まるでしょう)

この他にも、工具の原価償却とか、ペーパーとかの消耗品代、場所代もかかるし、
製造原価としては、最も安く作っても2万、高いと20万以上というところかなと思います。

で、工賃・人件費なんて考えると、1台作るのに半月ぐらいかかると思うので、
月に2台作って、それがちゃんと売れるとして、なんとか生活できるセンと思うと、
まあ、1台あたり、工賃に10万円前後はいただきたいところ。

というわけで、売値は12万~30万という感じの設定になる。
確かに、工房製ギターの値段ってのは、こんな感じの価格帯ですね?

さて、これって、売れるのでしょうか?
・・・っていうか、どういう人が買うの?

半月、実質10日ぐらいの作業の工賃が10万円ってのは、
今の日本の人件費を考えれば、決して高い工賃じゃないですよね?
でも、材料費2万のギターを12万で買うでしょうか?
あるいは、30万もするギター買うのはどういう人でしょうか?
材料原価5万のギターを15万ぐらいで売るってのがいい線かなと思うのですが、
それにしても、月に2本も売れるもんなんでしょうか?

しかも、それ以上の生産性はあげられそうにないので、
これだけだと、最大でも、月収20万というわけです。これは厳しい。

#もちろん、リペアや改造なんてのも収入源にはなるだろうけど、
#それはそれで時間のかかる作業が伴うわけで、
#その分、生産性が落ちれば、結局、工賃収入は一緒だね。

そういうようなわけで、例えば、ギターワークスなんてのは、
パーツ通販なんかもやって、安定した売り上げをキープしてるんだろうな
と、想像するわけです。

やってみれば、それなりにやっていけるのかもしれないけど、
それなりに売っていく戦略(コネとか、ウリになるモノとか)と同時に、
パーツ通販のようなもうひとつの柱がないと辛いなと思うので、
いまのところはイマイチ踏み切れないというわけです。

ひとつ考えたのは、塗装ブースを有料で開放するというアイディアもありかと。
塗装ブースなんてものは常時使うわけではないだろうから、空いてる時間は、
時間いくらでブースを貸して、コンプレッサーやスプレーなんかのレンタル、
ついでに塗料の小売もやって、シーラーとかトップコートが紙コップ1杯数百円とか・・・
#それで、一応、乙四とってみたんですけどね。

ブースの設置場所の場所代。排気浄化設備、フィルターとかランニングコスト・・
いろいろと考えなきゃいけないけど、もしかすると案外いけるかもと妄想してるとこです。

関連記事:何が出来るか?何ができるか?その2なにができるか?その3転職希望のポスドクを探してます。
       (なぜ、徐々に、漢字がひらがなになっていったのかは、謎)

拍手[4回]

[3回]

 

大学教育  環境問題  科学・教育  音楽  楽器  ギター  40代男性  40代転職  起業独立  無職  ハンドメイド  木工  日記  ブログ

No.141|今後Comment(3)